Gruppo VINOKA(グルッポ ヴィノーカ)は、イタリアワインの魅力をより多くの方に知ってもらいたいと願う、福岡の団体です。
←トップページに戻る

      


2016年6月19日開催

VINO! VINO!! VINO!!!

イタリアワイン フェスティバル FUKUOKA 2016 Vol.4

テーマ「モダンとクラシック

80年代に大きな変革を遂げたイタリアワイン。その醸造スタイルからモダン派か伝統派かの議論が盛んにされた時期がありました。現在では簡単に分けることはできなくなっていますが、その味わいを語るときに使われることが多いことも事実です。かつてあったモダンとクラシックの違いを生産者に敬意を払う意味でもう一度いろいろな角度から考えてみようというテーマ。常に進歩を続けるイタリアワインでのモダンとクラシックの垣根を超えたより良いワイン造りへの生産者の情熱を感じていただきました。


開催日/2016年6月19日(日曜日)
時間/11:00〜17:00(入場は16:00まで)
会場/ホテルニューオータニ博多(3階・芙蓉の間)
主催/Gruppo VINOKA(グルッポ ヴィノーカ)

〈イベント内容〉
◎「モダン」と「クラシック」
《Aブース》若い生産者と歴史ある生産者
《Bブース》モダンワインとクラシックワイン
《Cブース》「ネゴシアン」と「ドメーヌ」と「生産協同組合」
◎入場先着150名、希少ワインが当たるスタンプラリー
◎恒例、特別講師によるセミナー(無料)2部を開催
◎「ジャコモ・タキス」追悼、特別ブース設置
◎もっと知りたい!ミニセミナー(無料)


〈セミナー内容〉

第1部「モダンワインとクラシックワインについて」
PM1:00より約1時間(無料)

セミナー講師/川頭 義之(かわず よしゆき)
1962年神奈川県湘南生まれ。明治学院大学卒業。在学中は体育会ラグビー部でFW。卒業後商社に勤務。留学先のイギリスで妻のジョバンナさんと出会い、イタリアワインに目覚める。1996年、勤務先を退社し、夫婦でイタリアワインの輸出斡旋業務を開始。「リーズナブルで真に価値あるワイン」の普及をモットーとする。イタリアソムリエ協会会員。父は映画監督・故川頭義郎。俳優・川津祐介は叔父。主な著書に「イタリアワイン最強ガイド」 株式会社 文藝春秋 刊

第2部「生産協同組合について」
PM3:00より約1時間(無料)

セミナー講師/マテオ・アポロニオ氏(ロータリ社/エリア・マネージャ―:アジア・太平洋地域)
〈ロータリ社のプロフィール〉優れた「企業理念」、「品質管理」、そして「環境条件」の3つから生まれる Value & Quality に長けたプレミアム・ブランド「ロータリ」。全体で2,600haという広大な畑で収穫されるブドウが、最新施設と技術のもとで丁寧にワインへと生まれ変わります。数々の専門誌やコンテストで高い評価を得ており、イタリア瓶内二次醗酵のブランドとして、世界50カ国以上で愛されています。


売り上げの一部を熊本地震の被災地へ寄付いたしました。

「熊本地震」において亡くなられた方々のご冥福をお祈り申しあげますとともに、被災され た皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
VINOKAは、当該地震により甚大な被害を受けた被災者の皆様の救援や被災地の復興に役立てて いただくため、売り上げの一部の20万円を義援金として寄贈いたしました。被災地の一日も早い復旧復興を祈念いたします。


 



←トップページに戻る

COPYRIGHT©2017 VINOKA All RIGHTS RESERVED.