Gruppo VINOKA(グルッポ ヴィノーカ)は、イタリアワインの魅力をより多くの方に知ってもらいたいと願う、福岡の団体です。
←トップページに戻る

      


2015年5月24日開催

VINO! VINO!! VINO!!!

イタリアワイン フェスティバル FUKUOKA 2015 Vol.3

テーマ「イタリアワイン、三大産地を巡る

第3回目は、イタリア「ピエモンテ州」「トスカーナ州」「シチリア州」のワイン三大産地の個性を存分に感じていただきました。恒例、2部にわたる希少なワインセミナーも大好評。さらに新しいイベントとして、日本未入荷のワインやもれなく景品があたるスタンプラリーも開催しました。



開催日/2015年5月24日(日曜日)
時間/11:00〜17:00(入場は16:00まで)
会場/ホテルニューオータニ博多(3階・芙蓉の間)
後援/イタリア大使館、日伊協会
主催/Gruppo VINOKA(グルッポ ヴィノーカ)

〈セミナー内容〉

第1部/林達史氏による
「イタリアワイン三大産地について」
PM1:00より約1時間(無料)

セミナー講師/林 達史(はやしたつし)
京都出身、1964年生。コマーシャルダイバー時代1990年代前半にイタリア旅行したのを機にイタリア食文化、特にワインに強く惹かれ、次第に移り住む。ワイナリーに足繁く通い、葡萄栽培、醸造を生産者、醸造家から直接学ぶ。当時、小さな良い生産者のワインが日本に輸入されていない状況を見て、生産者と日本輸入元の架け橋となる活動を始める。現在はワイナリーへのコンサルタントも行い、共同でワインを醸造するなど、活動の幅を広げる。その他、イタリア地質を独学、造詣が深い。現在一年の半分以上イタリアに滞在、フィレンツェを拠点に活動。

第2部/ユーリ・フィオーレ氏による
「これまでのサンジョヴェーゼと
これからのサンジョヴェーゼ」

PM3:00より約1時間(無料)

セミナー講師/ユーリ・フィオーレ
トスカーナのワイナリー、ポッジョ・スカレッテの2代目。ポッジョ・スカレッテと言えば(イル・カルボナイオーネ)サンジョヴェーゼ100%から造られるこのワインを今現在実質手掛けているのは、ヴィットリオ氏の息子であるユーリ・フィオーレ Jurij Fiore による。1968年生まれ。1992年に Beaune TechnicienSupereur en Viticolture ed Oenologoe、ブルゴーニュのボーヌ醸造学校を修了。1993年から、偉大な父と共に一点の妥協もないワイン造りをポッジョ・スカレッティで行いはじめる。


←トップページに戻る

COPYRIGHT©2016 VINOKA All RIGHTS RESERVED.